情報起業家を応援する新世代情報統合紹介サイト、インフォスマイル
8月18日(土)

 <<前の商品   次の商品>> 
HOME(ダウンロード) > 米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい「欧米アービトラージ」

「レンジ相場」となる特性と強固な「相関関係」を利用したアービトラージ手法で高確率で利ザヤを抜き取る
米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい「欧米アービトラージ」

米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい「欧米アービトラージ」

(hcopiv-D61595)
販売価格39,800円( 税込 )
カートに入れる

商品詳細

米国と欧州の株価指数には、強い「相関関係」があります。 また、米国と欧州には、必ず「レンジ相場」となる金融マーケットが存在しています。 レンジ相場とは、値動きが一定の範囲内で推移する相場状態のことを言います。 この強い「相関関係」と「レンジ相場」となる特性を利用すれば、極めて優位性の高いトレードを実践することが可能です。 本情報教材では、優位性・再現性が極めて高い「アービトラージ手法」を詳しく解説しております。


出品者 茶谷博樹
販売日 2015/04/27
 

米国・欧州の株価指数の相関関係を利用した負ける方が難しい「欧米アービトラージ」

(hcopiv-D61595)
販売価格39,800円( 税込 )
カートに入れる
Copyright © 2010 INFOSMILE All rights reserved